マンションを購入する際の注意点は?

外壁塗装の大まかな説明

外壁塗装は、雨の染み込みを防いだりする上で欠かせません。
その為にも、あまり安すぎる塗料はお勧めできません。
最近では塗料の種類も様々あり、当然いい塗料は値段も高くなってきます。
アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料とあり、フッ素が一番良いです。
塗料は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗り、中塗りの時点で最後の上塗りと同じ色の塗料を塗るので、
もし最後の色が気に入らない場合は中塗りの時点で業者さんにお願いすると、最後の色を変えることも出来ます。
見積もりをするとわかりますが、業者さんに払う金額には当然足場を組むお金も含まれます。
都会の方の業者さんはどうかわかりませんが、きちんとした鉄骨の足場ではなく木材を簡単に組むだけの
業者さんもいて、その場合の足場代は鉄骨の足場に比べると安く抑えることが出来ます。
工事日数は大体1週間前後が多く、初日は足場を組み、2日目に洗浄、3日目以降に色を塗っていくことになります。
先述した通り塗料の種類や、家の坪数によっても価格が変わりますが、
足場代込みで最低100万円は見ておいたほうがいいでしょう。
費用がいくらかかるのか家の外壁塗装は業者選びが重要で見てみる。

コメントは受け付けていません。